EOS Art Books Series 001  コンテンポラリー・アート・セオリー
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

EOS Art Books Series 001  コンテンポラリー・アート・セオリー

¥2,310 税込

送料についてはこちら

現代アートにおいて、いま何が議論されているのか。 「キュレーション」「制度批判」「関係性の美学とその後」「ドキュメント」「ポスト=メディウム」「パフォーマンス/パフォーマティヴィティ」の6つのキーワードから、2000年以降の現代アートの理論を重層的に読み解く。 目次 0|introduction|2000年以降のアート・セオリーと日本|筒井宏樹 1|curation|〈態度が形になるとき〉展によせて|ハラルド・ゼーマン[翻訳:河田亜也子]|ハラルド・ゼーマン展覧会紹介[構成:河田亜也子] 2|Institutional Critique|作家たちによる制度批判:〈ドクメンタ5〉をめぐる抗議文|河田亜也子 3|Relational Aesthetics and After|ブリオー・ランシエール論争を読む|星野太 4|Document|生政治と他者の倫理:アート=証言|石田圭子 5|Post-Medium|ポスト=メディウム・コンディションとは何か?|沢山遼 6|Performance/Performativity|もうひとつの伝統(The Other Tradition)|エレナ・フィリポヴィッチ[翻訳:奥村雄樹] 身勝手な付け足し(もうひとつの結び)|奥村雄樹 出版社:イオスアートブックス 刊行年:2014年 ページ数:191P フォーマット:ハードカバー 言語:和文 付属品:なし 状態:新品