「ART CRITIQUE」no. 2「知と芸術のレゾナンス」
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

「ART CRITIQUE」no. 2「知と芸術のレゾナンス」

¥1,540 税込

送料についてはこちら

目次 Focus:絵画、そして「わたしたち」は可能か? 秋本将人 Dialogue:情報と物質のはざまに 未来へのリズム/アルゴリズム 佐藤雄一×魚住剛 Interview:経済学は“ストック”を思考できるか? 柴山桂太 Critic:盲目的遮蔽空間??先 (プロト) キュビスムと《アヴィニョンの娘たち》 沢山遼 方法としての反復 上田和彦 Feature:「アジール」の現在 社会の聖域はどこに存在し、どこへ消えるのか? 舟木徹男×夏目琢史×信友建志×小林哲也 Review:見えないものを見る 高嶋慈、櫻井拓 Theory:転形期の思考 小林哲也 Focus:李禹煥の場、その無限の開きのため 金仙花 パサージュのイーナ Einleitung: 通りすがりの女 内村尚志